腰椎椎間板ヘルニアによる神経障害

腰椎は5個の椎骨からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が脱出して神経組織を圧迫した状態ということです。
腰椎椎間板ヘルニア』で『神経』に障害が出ると、その『神経』が担当している情報がうまく伝わりません。
腰にある『神経』が担当しているのは、主にその腰から下の足にかけての範囲です。
『神経』の障害は、「痛み・しびれ・感覚異常・筋力低下」などがおきます。
これを例えを使って考えてみます。 精力剤の激安販売
身体をひとつの山とします。そこに『神経』山の頂上から流れる川があります。
その川(神経)がある部分で堰き止められると下流には水(神経からの情報)が流れません。
川の水であれば下流の人は飲み水に困る・洗濯が出来ない・農作物が育てられないなど、今までのことができなくなって、困ってしまいます。
『神経』の場合は、『神経』が伝えている情報がちゃんと伝わらなくなります。
それによって、身体の感覚を感じたり、身体を動かしたりしています。
それが正常におこらなくなることが、
・痛み
太ももの外側からすねが痛い(すねが痛い写真)
・しびれ 媚薬通販サイト
すねやふくらはぎの外側が正座をしてしびれたときのように「ビリビリ」「ジンジン」します
・感覚異常
足を触っても薄皮一枚挟んで触られているような感じで、その感覚が鈍くなります
・筋力低下
『腰椎椎間板ヘルニア』ではよく、「足首に力が入らなくて、たいして高くない段差でつまづく」など足の力が入りにくくなります。期間が長くなると筋肉が痩せて細くなってきます。
『椎間板』の飛び出し方で『神経』への当たり方も変わります。
それによって、症状が右側に出たり、左側に出たり、両足の出たりかわります。
中には、「力が入らなくてフラフラしてまともに歩けない」・「尿や便通に問題が出てきた」などの症状も出ます。