腰椎椎間板ヘルニアの治療

「腰椎椎間板ヘルニア」とは、 「腰椎」にある「椎間板」が「ヘルニア」になっている ことを言います。「ヘルニア(hernia)」とは、「本来あるべき場所から脱出(飛び出す)状態」を指す言葉です。
よって、「腰椎にある椎間板が傷んで本来あるところから飛び出してしまっている」という状態をいいます。
保存的治療法 媚薬通販サイト
・急性期(激痛のとき)
安静(痛みが強いときには最も良い治療法です。)
鎮痛剤(内服、座薬)、筋弛緩剤、ステロイド剤
注射(仙骨硬膜外ブロック、選択的神経ブロック、椎間板内ステロイド注射)
コルセット(痛みで立つこともままならないときはコルセットを装着することで腹腔内圧が高まり椎間板にかかる圧力を下げ体幹を維持できます。)
・亜急性期、慢性期(我慢できる痛み) 早漏の改善薬
 コルセット(痛みが強い時だけ付けるのが正しい使い方です。着けっぱなしにしていると腹筋力が低下するのでコルセットに頼り過ぎないように。)
運動療法(ウオーキング、ストレッチ、筋力訓練(筋トレ)、水中歩行、腰に負担のかからない泳法。)
内服薬(鎮痛剤、筋弛緩剤など痛みが強い時に)
外用薬(皮膚から吸収)(湿布、軟膏(塗布剤))(長時間貼り続けない。温シップ・冷シップは気持がよいと感じるもので可。)
注射(トリガーポイント注射、静脈注射、点滴注射)
リハビリテーション
 物理療法(腰椎牽引療法(間欠電動牽引、持続牽引))
 温熱療法(ホットパック、赤外線、超短波・超音波など)
 水治療法(温水浴、バイブラバスなど)
マッサージ、指圧