腰椎椎間板ヘルニアを引き起こす原因とは

腰椎椎間板ヘルニアとは
腰椎椎間板ヘルニアとは、線維輪とよばれる層状の組織に裂け目が生じ、その中央にある髄核が飛び出した状態をいいます。腰痛や坐骨神経痛の中で、特に多い疾患が腰椎椎間板ヘルニアです。青年期・実年の時期に多発します。突然発生するタイプと、慢性的にじわじわと生じる場合があります。腰痛の方のうち、2~3割程度の方が腰椎椎間板ヘルニアを発症しているとのデータもあります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状
腰椎椎間板ヘルニアの症状なら、腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みがつよくなることがあります。その後、徐々に痛みや「しびれ」が薄らいでいくことが多いです。症状は一側下肢のみであることが典型的ですが、両下肢に症状が出現する場合や、排尿や排便に障害が認められる場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因
腰椎椎間板ヘルニアは環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして加齢で起こることが多いと認められています。椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常生活の動作、激しいスポーツ等の腰への負担がきっかけとなって、椎間板に変性をもたらすことが少なくないと言われています。

また、禁煙、遺伝、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)等が深く関与していることも指摘されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>